2017/10/23

海でバキバキ腹筋を披露してモテるためのたった一つのメソッド

 

この記事を書いている人 - WRITER -

日本で唯一「モテるためのボディメイク」を教えているモテボディの専門家。マッチョになるためではなく、女性にモテるための身体づくり情報をお届けしています。

筋トレは手段です。モテるために使い倒してやりましょう。

詳しいプロフィールはこちら

女子に『どこの腹筋が好き?』と聞くと必ず上位にランクインされる腹筋。

この腹筋をバキバキに割りたいという男性諸君は多いだろう。

夏本番を迎え、焦っている人も多いと思う。

今回はそんな悩めるあなたが腹筋をバキバキにするためにやるべきことを解説していこうと思う。

 


こんにちは、みのです。

夏本番ですが、脱ぐ準備はできていますか?

「いや~、減量が間に合わない」

とか

「腹筋が思ったよりつかない」

とか

「夏目前だ!筋トレしなきゃ!」

とか様々な人がいるかと思います。

 

ここで最後の人は置いておいて、そのまえ2人についてはみのからアドバイスをしたいと思います。

 

結論

腹筋を割りたいのなら、腹筋もウエイトトレーニングをするべし。

 

 

ターゲットの理解

いつもどおり、対象物に関しての理解を行いましょう。

対象がわからないのに、対策の立てようがありませんので。

腹筋とは?

腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋の3部位からなり、内蔵の保護や姿勢の維持、体感を屈曲したりする。

ということで、それぞれの構造を見ていきましょう。

腹直筋

出典:http://www.musculature.biz/40/46/

 

主な動き

  • 胸郭全壁を引き下げる
  • 骨盤の前部を引き上げる
  • 体幹を屈曲する
  • 腹腔内圧をあげる

いわゆる腹筋。

シックスパックやエイトパックを作る部分。

みのメモとしては、ハムのイメージがそのまま当てはまる筋肉。

 

ハム

 

外腹斜筋

 

出典:http://www.musculature.biz/40/46/

 

外腹斜筋の主な働き

  • 体幹を前屈する
  • 体幹を側屈する
  • 体幹を反対側に回旋する

 

内腹斜筋

出典:http://www.musculature.biz/40/46/

 

内腹斜筋の主な働き

  • 体幹を屈曲する
  • 体幹を側屈する
  • 体幹を同側に回旋する

 

全部総じて腹筋と呼ばれているが、それぞれ役割は異なります。

そしてフィジークやビルダーとアスリートで認識に決定的な違いが出るのがこの腹筋です。

腹筋に対する認識の違い

フィジークとアスリートの腹筋の違い

ボディビル系がほとんど鍛えないのに対し、アスリートは腹筋をかなり重視します。

 

簡単に解説すると、競技の目的に立ち返ります。

 

フィジークやボディビルは『見た目のよさ』を競います。

簡単に言えば『いかに逆三角形か』を競っているわけですね。

 

 

まさにそうですよね。

みんな逆三角形のカラダです。

ということは肩を底辺として、腹に向かって頂点の三角形を描くので、

体幹部分はなるべく補足したいわけです。

(横から力が加わることもないので)

 

一方アスリートはと言うと?

 

いわゆる長方形ですよね。

まあ僕もそうですが。

 

 

理由は非接触の陸上競技ですら横からの力に耐えなければならないからです。

(陸上で言うと横ブレ)

となると、対人競技のサッカーやバスケ、アメフトといったスポーツは

余計に体幹固定のために鍛えなければなりませんよね?

このために体型が変わるのです。

(上記の写真は空腹時に取ったので、若干くびれがありますが…)

 

 

アスリート上がりということもあり、みのは腹筋をしっかり付けたい派です。

これは僕が推奨している『モテボディメイク』が

動けるカラダということにも関連しています。

そうなった場合に、「見た目」より「実用性を重視」して、

腹直筋のみならず、両腹斜筋を鍛えることも必要だと思うわけですね。

 

とまあ僕はこうしたカラダをオススメしているのですが、どちらを選ぶかはアナタ次第です。

正直ある程度の腹筋(というか体幹)は基本的なトレーニングをしていればつけることができます。

例えばスクワットやデッドリフトを高重量で行っていれば、必然的に体幹はしっかりしてきます。

が、深くカットを出したいのであれば、腹筋自体を鍛えることも必要です。

 

なぜなら、腹筋も筋肉なので鍛えればデカくなるからです。

なので、あなたがどちらのカラダになりたいのか?という話ですね。

 

周りの声は?

ところで僕の周りの方々の反応はどうなのでしょうか?

お友達のミズノくんが画像をまとめてツイートしてくれていました。

 

 

その結果、Twitterではこの画像を出していなかったため、

「右上は誰だ?」という反応がちらほら。

 

 

(なお「教祖」とは僕のこと。笑

各方面でBSNのシンサプロテインを布教しているため)

 

とまあ皆様少なからず興味を持っている模様。

 

正直肩は左下のマッキーさんのが断然あるし、

大胸筋上部は左上の三島さんのがキレイだと思うわけですが、

そんな中で僕の写真が注目を集めたのはひとえに腹筋のおかげじゃないかと思うわけです。

 

だって鍛えているもん。

 

そりゃ注目集めますわ。

なので、カラダ鍛えている人たちの中でも目を引くような腹筋を手に入れたいのであれば、

鍛えるに越したことはないよということを言いたいわけです。

 

あ、もちろん男に対してこれだけ反応もらえるのだから、

対女性ならこれの8倍くらい好反応ですよ?

念のためですが。

 

ではこれより先は腹筋もバキバキにしたい人のための記事。

 

 

モテボディ的腹筋の作り方

まずは方向性の確認です。

何度も言っていますが、ボディメイクには2本の槍があります。

筋肥大除脂肪です。

そしてこと腹筋に関しても同じです。

参考:モテるために筋トレをするなら最低限知っておくべきこと

モテるために筋トレをするなら最低限知っておくべきこと

 

ここでもお話していますが、

最終的には除脂肪して腹筋の上にある脂肪層を薄くしないと腹筋は割れません

ということで「なにはともあれ除脂肪すればいいではないか!」

と思われた方は少々急ぎすぎ。

 

それで筋肥大させずに除脂肪をするとどうなるかというと…

 

筋肥大を伴わない除脂肪の結果

 

 

こうなります。

 

これは適当に拾ってきた画像ですが、

モテボディがそうでないかと聞かれたら、そうではない方ですよね?

 

どういうことか。

体脂肪率だけが低い状態なわけです。

モテボディの定義は『低脂肪・高筋肉』です。

 

低筋肉 高筋肉
低脂肪 ガリ モテボディ
高脂肪 デブ 力士

 

つまりこの図で言うところの第2象限しかありえないわけですね。

ここを勘違いしないでほしいのですが、順番はあくまで筋肥大→除脂肪です、一般的には。

 

なので、腹筋を割る前に、割れる腹筋を付けないといけないということです。

 

さっさと腹筋をつけましょう。

 

『腹筋凄いね!♥』と言われたいのであれば。

 

ではどうやって鍛えればいいのか?

基本的には筋肉の鍛え方なんてどれも一緒です。

 

『負荷かけて、曲げる』

 

以上。

 

以上なんですが、腹筋に関して言うと、ほとんどの人が思考停止するのですよね。

 

腹筋を鍛える際に、これやってませんか?

しかし周りを見渡すとみんなやっているのは、これ。

 

(※途中再生かつ音出ます)

 

なんで『筋肥大・ダイエット・ボディメイクにはウエイトトレーニングだ~!!!』って意気込んでるのに、

こと腹筋となると、古典的なクランチになるんです?

 

そりゃ上の動画のクランチのフォームは正しいけど、

どんなに頑張っても自分の上半身分しか荷重できないではないですか。

 

ウエイト持てばいいじゃん

 

と思うわけですよ、僕は。

 

ドラゴンフラッグとかは?

まあ僕もアスリート歴が長いので、数多くの腹筋種目をやってきました。

そしてこの記事を書くにあたっていろいろ動画も見ました。

YouTubeで人気なのはこれですね、ドラゴンフラッグ。

 

 

とは言え初心者がやる種目じゃないですよね。

腕力いるし。

 

プランクはどう?

いわゆるプランクはどうでしょう?

体幹を床と平行にして保持という種目ですね。

筋肉の長さが変わらずに力を発揮するのでアイソメトリックな動きです。

 

(参考動画がなぜかアフィリエイトっぽかったのはご愛嬌。笑)

 

とは言えこれも、なかなかうまくできる人いないんですよね。

みんな腰が浮いたり、落ちたして思い通りに刺激を入れられません。

 

比較的オススメはこれ

ということで、比較的優しそうだったのが、これ。

JINさんとぷろたんさんが行っていた腹筋動画。

 

 

ベンチからケツをはみ出させて、脚を上に上げてから倒す。

ゆっくり腹筋に負荷をかけながら下ろすことによって

エキセントリックな負荷がかかるというトレーニング。

まあ、オススメですよ。

 

 

みのオススメのトレーニング方法

それでここまででネットでよく目にするトレーニング方法を紹介してきましたが、

みのが本当に話したかった話はここから先ですね。

 

結論から言うと、重り持って腹筋しろってことです。

 

日本チャンピオンのトレーニング方法

これは陸上十種競技日本チャンプの右代さんという方のトレーニング動画です。

(右代さんは8月4日からの世界陸上ロンドンのも出ます)

 

筋肉を効率的に鍛える上で構造を考えることは避けて通れません。

もう一度腹直筋の構造を見てみましょう。(下図)

 

 

上の黄色が腹直筋の開始部分(専門用語で起始)、

下の緑部分が終わり部分(同停止)です。

筋肉は最大限伸ばした状態から、

最大限縮めた状態にすると最も効率的に鍛えられるので、

図解してあるとおりにそれぞれ矢印方向に縮めて、

逆方向に伸ばすのが良いです。

 

ということで、先程の右代さんのトレーニング動画に戻るわけですね。

最大限収縮している上に、重りで負荷をかけています。

これ、何かわかりますか?

普段ベンチプレスをマックスに効かせるフォームを、

腹筋バージョンにしただけです。

 

そりゃ効きますよね。

 

 

とは言え、いきなりこれは難しい。

 

じゃあどうするか。

 

みのオススメは?

みのオススメはこちら。

まあいわゆるシットアップベンチですよね。

ジムはもちろん、体育館にさえ置いてある代物です。

 

そしてこのベンチを使って腹筋をやるのですが、ここからが大切。

頭の後ろでプレート、ないしダンベルを持ちましょう

 

これで通常の腹筋運動が、高強度なウエイトトレーニングに変わりました。

 

何が変わったか。

 

普通のクランチでは低負荷だし、自重なので負荷も増やせませんでした。

プランクも同様です。

ドラゴンフラッグは確かに高負荷ですが負荷が変えられないことには変わらないし、

なおかつできるようになるためのトレーニングがありません。

(段階的にステップアップするという意味です。)

 

ですがこのプレート腹筋であれば、負荷は自分の実力に合わせて可変です。

10Kgのプレートでやってもいいし、25Kgのダンベルを持ってもいいわけです。

僕は3oKg超のダンベルを持って行っています。

つまりこのトレーニングを取り入れると、

腹筋を鍛えるのに上限がなくなるというわけです。

 

 

僕の腹筋はこのようにして作られています。

とは言え真剣にやるのなんて2週に1度くらいですが。

除脂肪の大切さ

ここまでで腹筋を筋肥大させる方法について話してきました。

 

いかがだったでしょうか?

 

こうして大切な部分を理解して鍛えれば、

腹筋を割れそうな気がしてきたのではないでしょうか?

 

とはいえ、どれだけ腹筋を筋肥大させても、その上に脂肪が乗っていたのでは

シックスパックは夢のまた夢という話はすでにしました。

莫大な量の腹筋を蓄えていても、

その上に尋常じゃない量の脂肪も蓄えていたら腹筋を拝むことはできませんし、

脂肪量がほんの僅かでもその下に雀の涙ほどの腹筋しかなければ割れても厚みがありません。

 

そう。

 

最終的にどれだけの凹凸を作れるかは脂肪量次第です。

 

そもそも除脂肪という概念を疑ってみたほうが良いのかもしれない

それで冒頭に戻るんですが、

「いや~、減量が間に合わない」という話があると思います。

 

ですが、果たしてそこまでの増量が必要なのでしょうか?

 

これはどこかで話したかもしれませんが、

僕は基本的に増量期・減量期というものを設けていません。

 

つまり、年中あのカラダをキープしています。

 

なぜなら、『モテボディメイク』だからです。

 

『ボディメイク』が目的ではないのです。

 

例えば意中の女性とのデートだとして、

そのときに腹筋が割れていなければ全く意味がなくないですか?

 

話の流れで相手が腹筋を触りたがっているときに

『ごめん、今増量期で、そんなに割れていないんだ』

そんなこと言ったらシラケませんか?

 

いつでも『触らせられるカラダ』というのを手に入れたいのではないですか?

 

とすると、過度に増量期・減量期を設ける意味があるのかな?とみのは思うわけです。

 

 

そりゃボディビルダーやフィジーク選手は別です。

 

彼らはギリギリまで筋肉を付け、そのあと大会ギリギリで削りきらなければなりません。

なぜならそれが彼らの仕事だからです。

が、しかし、モテボディメイクのあなたは言ってみれば『毎日が大会』です。

そんな中、余計な脂肪をつけている暇はありません。

最短最速でモテボディ、バキバキの腹筋を手に入れなければならないのです。

寄り道している暇はありませんよ。

 

 

あなたが欲しいのは『コンテストで優勝できるカラダ』ですか?

それとも『女にモテるカラダ』ですか?

 

今一度考えて目的を定めましょう。

『モテ』が目的のうちは、手段と目的が逆転してはいけません。

これが『モテボディメイク的視点』です。

 

まとめ

腹筋を割りたいのなら、腹筋もウエイトトレーニングをするべし。

 

 

PS.

最後に話した『モテボディメイク的視点』というのは、

根本的にこれまでのボディメイクとは異なっています。

それこそみののモテボディメイクが『日本で唯一である理由』です。

 

そんなモテボディメイクのエッセンスをブログだけで紹介するのは非常に難しい部分もあります。

テキストのみで伝え切るには限界がありますが、ここで顔出しで解説する意味もよくわかりません。

さらには無料ブログで公開しても真剣に視聴し、実際に行動に移すのなんて100人に1人いれば良い方です。

という理由から、以前行った顔出しセミナーを限定販売することにしました。

 

ちなみに最も伝えたい冒頭部分だけはみんなに知ってほしかったので、音声動画にしました。

こちらをクリックして御覧ください。

 

 

これより深いモテボディメイクの秘密を知りたい人は、

下のバナーをクリックして是非購入してみてください。

 

 

仮にあなたが『コンテストで優勝できるカラダ』ではなく『女にモテるカラダ』が欲しいのであれば、

一度視聴してみるのも良いかもしれません。

 

仮に今自身のないカラダでも大丈夫。

一年必死で頑張れば、来年の夏は胸を張って歩けます。

そのための第1歩として、どうぞ。

 

今日はここまで。

 

 

みの

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

日本で唯一「モテるためのボディメイク」を教えているモテボディの専門家。マッチョになるためではなく、女性にモテるための身体づくり情報をお届けしています。

筋トレは手段です。モテるために使い倒してやりましょう。

詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© モテボディメイクアカデミー , 2017 All Rights Reserved.