筋トレして身体を鍛え、モテる男のマインドを学ぶための学校

あなたをもっとモテる男にするためのオンラインスクールに興味ない?

えっ?コレステロールってどれだけ摂ってもよかったの!??

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
日本で唯一「モテるためのボディメイク」を教えているモテボディの専門家。マッチョになるためではなく、女性にモテるための身体づくり情報をお届けしています。 筋トレは手段です。モテるために使い倒してやりましょう。
詳しいプロフィールはこちら

「コレステロール値が高いです、この薬を飲んでください!」

「コレステロールを下げるためにこの油がいいです!」

全部無視で結構。

今回はコレステロールのウソについて解説します。


こんにちは、みのです。

昨日更新したこの記事評判が良かったんです。


ということで、記事内で触れた「コレステロールのウソ」という内容について今回は解説していきたいと思います。

巷では悪の諸元の様に言われているコレステロールですが、本当に彼は悪者なのか?

今回全ての疑問が解決するとともに、サプリメントや健康食品業界の情弱ビジネス体質に嫌気が指してくると思います。

(※一応免責ですが、みのはもちろん医師免許は持っていません。現行の法では免許を持っている医師が正しいとされているので、それに従わないことによって生じた一切の責任は負いかねます。一応念の為です。)

結論

コレステロールがカラダに悪いというのは、ウソ。

前提条件

前回のフィッシュオイル記事でも書いたのですが、コレステロールってなんだか知ってますか?

コレステロールとは一体何だ?

毎度のごとくWikipediaさんに聞いてみましょう。

コレステロール (cholesterol) とは、ステロイドに分類され、その中でもステロールと呼ばれるサブグループに属する有機化合物の一種である。

うん、これだけでは化学的構造を説明しているに過ぎませんね?

つまりこういうこと。

ですが大切なのは生理学的効果のこっち。

コレステロール分子自体は、動物細胞にとっては生体膜の構成物質であったり、さまざまな生命現象に関わる重要な化合物である。よって生体において、広く分布しており、主要な生体分子といえる。

そう、「動物細胞にとっては生体膜の構成物質であったり、さまざまな生命現象に関わる重要な化合物」なんです。

これはフィッシュオイル記事で用いた脳の構成成分のグラフです。

脳はその60%が脂質で構成されており、脂質の内訳は半分がコレステロールです。

計算の早い方はここで気づいていると思いますが、脳の約30%はコレステロールなんですよ?

そしてこれは体内のコレステロール量(100~150g)のおよそ1/4に相当します。

では残りの75~113gはどこに存在するのでしょうか?

 

それは、全身です。

細胞膜や生体膜を構成したり、皮膚に存在したりしています。

それからみんな大好きテストステロンの原料もコレステロールです。

ではコレステロールの働きをまとめてみましょう。

  1. 神経細胞を包む絶縁体としての役割@脳内
  2. 細胞膜生体膜を構成@全身
  3. テストステロン等のホルモンの材料@内分泌系

ではそれぞれの役割について解説していきたいと思います。

1.神経細胞を包む絶縁体としての役割@脳内

突然ですがあなたはこのようなコードをコンセントに差し込みたいと思うでしょうか?

  
  

『「絶対イヤ!!!」』という声がこだまして聞こえました。

イヤですよね?僕もイヤです。

ではその理由は?

これは「感電するから」です。

金属は電気を通すので、それをそのまま触ると100Vの電圧がダイレクトにカラダを駆け巡ります。

そうならないためにどうするかというと、これですね。

絶縁体

電気を通さなくするやつです。

これによって銅線から電気を漏れなくします。

コレステロールは脳内でまさにこの絶縁体の働きをするのです。

専門的にはミエリン鞘(みえりんしょう)といい、この部分です。

http://www2j.biglobe.ne.jp/~fkamiya/HB/C12_57.html

真ん中の軸索という部分が銅線で、それを包むようにミエリン鞘が存在しているのがわかると思います。

これの構成要素がコレステロールです。

この膜によって電気信号が漏れなくなるだけではなく、伝達スピードも上がります

なので、脳の構成成分の30%もコレステロールが占めるわけですね。

2.細胞膜、生体膜を構成@全身

続いて細胞膜と生体膜の成分としてのコレステロール。

前回の記事と同じ画像を用いるとこのように細胞は脂質二重膜を構成しており、その成分としてコレステロールは重要な役割を果たしています。

また、皮膚に存在するコレステロールは紫外線を浴びてビタミンDの前駆体として活動します。

どういうことかというと、コレステロールが体内で変換されてビタミンDになるよということ。

DHAに対するαリノレン酸みたいな。

ビタミンDはカルシウムの吸収に大きく関係しているので、ある程度は日光に当たってビタミンDを精製することは健康上にも大きなメリットが有るということです。

外に出ず運動もしない人はなおさら骨が脆くなりますよというお話。

3.テストステロン等のホルモンの材料@内分泌系

皆さん大好きテストステロンですね。

男らしさの根源と言われています。

テストステロンについてよくわかっていない人はこちらをタップして確認してくださいね?

(そう言えば完全に私事ですが、ついにテストステロン記事が不動の1位だったサプリ記事のビューを上回り1位に君臨しました。おめでとう。)

テストステロンの原料はコレステロールです。

というかテストステロンに限らずほとんどのホルモンはステロイド類に属し、ステロールはステロイドの特殊型です。

どういう事かというと

こういうこと。

オレンジ部分は全く同じ構造ですね?

共通する部分が多ければ多いほど変換も簡単になります。

つまり、体内ではコレステロールから男性ホルモンのテストステロンや、女性ホルモンの1つであるエストラジオールが作られるということです。

なのでいくら筋トレしてテストステロン出してモテようとしても、脂質を減らしすぎてコレステロールを摂取できないと、テストステロンに変換されずにモテないかもしれません。

お気をつけください。

コレステロールは体内でどのように運ばれるのか?

はい、ここまででコレステロールの働きを学習しました。

ここまで見てきてあなたは思ったことでしょう、どこが悪の根源なのか?と。

そう、その直感は正しいです。

そもそも体内で作り出せる物質ほど必要な物質です。

必要だから自分で作るのです。

アウトソーシングしないで、自社生産ですね。

コレステロール自体は全く悪くない

悪いのは全て…○○○。

このあと全てを明らかにします。

コレステロールはパッケージングされて運ばれる

ここまでコレステロールが目の敵にされていた理由は、測定のしやすさ因果関係の誤認です。

では早速解説していきます。

まずはあれほど大切なコレステロールが消化吸収されてから各細胞に運ばれるまでの旅路です。

水と油の復習

前回の記事のおさらいですが、コレステロールとは脂肪の1種です。

一方ヒトのカラダはその70%が水です。

水と油はその名の通り水と油の関係なので、混じり合うことができません。

この仕組みを利用したのが脂質二重膜です。

これは「水が多い細胞内物質を、同じく水が多い生体内で保存しておく方法」でした。

水を水中で区分する方法です。

ですがコレステロールは油。

水中で油を運ぶ方法を考えなければいけません。

そこで我々のご先祖様は考えました。

油を水に包んで、水中を運べば良いんだ!!

ご先祖様

頭いい!おかげさまでここまで進化できました!

子孫

ということでコレステロール(油)をタンパク質(水に溶ける)に包んで血中(水)を運搬するという方法が開発されました。

Amazonを例に考える体内のコレステロール運搬

前述のメソッドによって、膨大な量のコレステロールを各臓器や細胞に運ぶことが可能になりました。

それはさながら、Amazonが彼らを使って大量の商品を世界各国、全国津々浦々に届けるようです。

このシステムが構築されたので、コレステロールはどんどん梱包されて、全身に届けられるようになります。

体内でコレステロールを運ぶシステムと、Amazonが日本全国に荷物を運ぶシステムは別の記事で「コンストラクタル法則」というお話をしました。

全てはより良く流れるカタチに落ち着くという法則です。

つまり

  • 水滴を垂らしたら大きい水路から小さい水路へと分岐して各拠点にたどり着く。
  • 空路はハブを作ってそこからたくさんの便を飛ばすと良い

というようなハブとスポークス理論とも一致します。

何が言いたいかというと、体内で物質を運搬する際にも大動脈を通ってそこから細い血管へ分岐させていったほうが運搬効率が良いという話です。

これはAmazonで言うと高速道路ですね?

(おそらくAmazonは高速を使わず拠点を多く持って物流を支配するシステムだとは思いますが、ご愛嬌。)

身近な例の方がイメージが湧きやすと思うので、一旦Amazonの例で最後までいきたいと思います。

購入した場合

Amazonでは注文が入ると工場で梱包されヤマトの集荷を待ちます。

その後ヤマトは近くの高速道路や幹線道路(大きい道路)を用いて荷物を配達先の近くまで運び、最終的に一般道を通って各家庭へ荷物を届けます

もちろん拠点を経たり、担当ドライバーが変わったりしますが、わかりやすくするために全て省きます。

つまり図式するとこうです。

 

注文が入るとこのようにして全国に運ばれます。

では返品があった場合は?

返品の場合

では商品が気に入らずに返品を申し込む場合はどうでしょうか?

返品を申し込むとヤマトが集荷にきます。

そしてピンポンしてくれたお兄さんに返品品を渡すとそれを工場まで届けれくれるわけですね?

図にするとこうです。

さっきの逆なんで簡単ですね?

では次の例。

配送中に賊に襲われるような治安の悪い時代の場合

現代の法治国家ではあまり考えられませんが、配送中のトラックが賊に襲われるような時代だったらどうでしょうか?

拳王が君臨する世紀末の様な設定です。

この世界では一定割合でドライバーが襲われ、積荷を奪われてしまいます

なので配送先まで荷物が届きません

ではあなたはAmazonの社長です、ジェフ・ベゾスです。

今Amazonでは配送中の襲撃に頭を悩ませています(現実では絶対そんなことありませんが)。

その時にAmazon社長のあなたは一体どちらの選択をしますか?(ちなみに配送先の家では荷物が届かないと食料がありません)

  1. 襲われると困るから配送を佐川一択とし、襲われる数を減らす
  2. 警察に頼んで賊を取り締まってもらう

まあ正常な判断なら2ですよね?

1とか半分にしても賊の数は一定なので、襲われる率は減らないどころか、増加します。笑

ここで「悪いのはトラックではなく、賊である」ということを覚えておいてください。

 

ここまで、Amazonの場合で考えてきました。

ではなぜみのはこんな例を出したのか?

みのの例えスキルが著しく落ちたのか?

いいえ、この例を挙げておくことによって、コレステロールは悪者ではないという理解がとても深まります

ではいよいよコレステロールの無罪を晴らしましょう。

コレステロールの無罪

この章ではいよいよコレステロールの無罪を晴らしていきたいと思います。

まずは言葉の齟齬から

「悪玉コレステロール」という言葉がウソだ!

まず、一般的に使われているコレステロールという言葉ですが、本来の意味から逸脱しています。

Amazonからプロテインを発注したあなたは、荷物を運んでいるヤマトのトラックを見て、「プロテインだ!」と思いますか?

思わないですよね?

それはあくまでも「ヤマトのトラック」であり、お兄さんから受け取って、ダンボールを開封してやっとプロテインですよね?

それが正しい理性です。

逆にトラックを見て「プロテインだ!」と思う友達がいたら「おい、ちょっと待て!それはトラックであって、お前のプロテインを運んでるかはわからないからw」と言いたくなりますよね?

ですがAmazonだとすぐにわかる間違いが、コレステロールでは平気で起こっているのです。

健康診断で測られる「コレステロール」とか?

では健康診断や医者に言われるコレステロールとは一体何なのでしょうか?

これですね。

察しのいい方はすでに気づいていると思いますが、これはコレステロールを運んでいるタンパク質の数値です。

http://sakatsume-naika.or.jp/info/sisitsuijyou.htm

つまり、「トラックの数」を測っているに過ぎません。

衝撃ですよね?笑

コレステロール自体はトラックの中に梱包されて載っているにも関わらず、トラックの数を測っているなんて。笑

「え?意味なくない?」とあなたも思うことでしょう?

そう、意味なんてないんです。

というわけで、まずは言葉が指しているものがすでにコレステロールではないということです。

善玉/悪玉のワナ

「コレステロール」が物質としてのコレステロールを指していない時点で理論としては詰んでいますが、一応全力でコレステロールを弁護します。

次に善玉、悪玉コレステロールのワナについてです。

一般的に言われる善玉、悪玉はそれぞれHDLコレステロールとLDLコレステロールのことで、それぞれこの言葉の略です。

善玉(HDL)コレステロール High-Density Lipoprotein 細胞からコレステロールを持ち帰る
悪玉(LDL)コレステロール Low-Density Lipoprotein 細胞へコレステロールを運ぶ

つまりヤマトの宅配と集荷にそれぞれ悪玉、善玉と名付けたに過ぎません

それではなぜLDLコレステロールが悪役と言われるのでしょうか?

これには先程の賊が大きく関係しています。

コレステロールが有害となる場合

コレステロールはリポタンパクという梱包がされている限りは全く持って無害であるばかりか、細胞や脳にとって必要な物質であるという話はしました。

しかしながら唯一有害となってしまう場合があります。

それは、賊に襲われた時

賊がトラックを襲うと、トラックは積荷を道路に落としてしまいます

そうすると道路は通行止めになってしまうので、後続車がとても迷惑しますね?

このように。

これはブタ運送中のトラックが事故ったときの様子。

ブタによって後続車の流れ(血流)が滞ってしまいます

この状態が高速道路であれば事故渋滞だし、人体であれば血栓となり、医者やテレビが煽る心筋梗塞の原因となります。

しかしよく考えてください。

悪いのは配送トラックですか?

いいえ、賊です

運搬しているトラック自体に何も否はないですよね?

にもかかわらず、トラックに問題がある!という論理になってしまっているのが何を隠そうコレステロールです。

コレステロールは冤罪だ!

先程近年の医学ではこの運搬トラック自体をコレステロールと呼んでいるという衝撃の事実はお伝えしました。

そして肝臓から各細胞へコレステロールを運ぶリポタンパクはLDLコレステロールと名付けられ、計測が比較的簡単なため一気に悪役に挙げられているのです。

理由は血栓によって心筋梗塞が生じた部分を解析してみると、LDLコレステロールが多く発見されたからです。

ですがこれは因果関係が逆ですよね?

 

LDLコレステロールが多いから血栓ができたのではなく、血栓ができたから結果的にLDLコレステロールが多いのですよね?

LDLコレステロール(トラック)に賊が突撃してきて、荷物をばらまいてしまうから、後続が流れなくなってしまうという時系列です。

もし逆なら、「ヤマトと佐川のトラックが多いから、賊に襲われる」というトンデモ理論になります。

実際にはそんなことありません。

賊の悪意によって事故や渋滞は起きているのです。

それを簡単に計測できたがために「LDLコレステロールが犯人だ!こいつを徹底的に減らせ!」という風潮になってしまったのです。

コレステロール降下剤は悪手だ

ですが医学の世界ではこうしたことがよくあります。

かつては摂取が進められていた成分が突如として制限されるようになったり、昔は避けられていたものが急に摂取を推奨されるようになったりです。

それは単純に後になってより多くのことがわかってきたからです。

ですが摂取推奨が変わるなら日常で変えれば良いですが、処方箋によって医薬品を摂取していた人は悲惨です。

それがコレステロール降下剤です。

(ちなみにコレステロール降下剤は胆石の原因となります。)

 

このケーススタディを覚えているでしょうか?

この世界では一定割合でドライバーが襲われ、積荷を奪われてしまい、配送先まで荷物が届きません。

あなたが社長なら、一体どちらの選択をしますか?(ちなみに配送先の家では荷物が届かないと食料がありません)

  1. 襲われると困るから配送を佐川一択とし、襲われる率を減らす
  2. 警察に頼んで賊を取り締まってもらう

ここで懸命なあなたは2.を選ぶと思いますし、1.は悪手という話はしました。

1.を詳しく説明すると、これは外部要因によって運び手の数に手を加えることです。

トラックの例では「佐川のみにする」という外的要因による削減です。

何度も言いますが、トラックを減らしても賊の襲来は減りませんから。

ついにコレステロール上限が撤廃された!!

にも関わらず、見た目の数値に騙されて、ひたすらコレステロール降下剤によって、強制的にLDLコレステロールを下げていたのが近年の日本医療(というか世界全体で)です。

完全に間違い。

これが間違っていたのは、一つの騒動から明らかになります。

それは2015年、ついに厚生労働省が発行している「食事摂取基準」というガイドラインからコレステロール摂取量の上限が撤廃されたことからも明らかです。

●2010年版

●2015年版

2015年版には「コレステロール」の覧が削除されている!!

日本動脈硬化学会もついに認めた!

そして頑なに首を縦に振らなかった日本動脈硬化学会という日本の動脈硬化の総本山もこのような声明を発表しています。

つまり、動脈硬化の総本山がコレステロール摂取量は血中コレステロール値には関係ないと認めたということです。

衝撃。

なぜならそれは、今までの自分たちの行い全てが間違っていたと認めることと同義だからです。

とは言えアメリカの心臓関係学会が上限撤廃してから2年も頑なに拒み続けたわけですが。

最終文では「高コレステロール血症患者にも当てはまる訳ではない」とギリギリのメンツを保とうと必死です。

(というか高コレステロール血症患者に当てはまるわけではないなんていうのは、運動はカラダに良いが、インフルのときは運動しちゃダメだよぐらい当たり前のことです。)

医学・科学の世界では案外よくあること

とは言えこうした方向の180度転換は意外とよくあることです。

大なり小なりの違いはありますが、昔は良いと信じられていたことは例えば以下の様なものがあります。

  • 暗いところで本を読むと視力が悪くなる
  • 食事後はすぐ歯を磨いたほうが良い
  • 乳酸は疲労物質である
  • 怪我したら消毒薬で殺菌したほうが良い
  • 発熱時は解熱剤で体温を下げたほうが良い

こうしたことと同様、その機能やメカニズムが解明されていなかっただけなので、学会や医師を攻めても仕方ありません。

メカニズムは正しいので、さっさと新たに発見されたメカニズムを自身の健康上の軸にするのが良いと思います。

軸がある人というのは、きちんと自分の判断基準を1本持っており、生きていく上でより優れた軸と出逢ったら瞬間的にそちらへ乗り換える人のことをいいます。

「軸がある」を「いつまでも1つの軸にこだわり続けること」だと思っていると、人生取り返しがつかなくなってしまいますから。

賊の正体

ここまでで「コレステロールは悪くない、悪いのは全部賊だ!」ということがわかったかと思います。

では、肝心の賊とは、一体誰なのでしょうか?

結局賊って誰だ!??

ずばりです!

コイツが全て悪い。

そもそもカラダの不調はコイツ経由なのではないか?というほど悪質なヤツ。

コイツがリポタンパク(トラック)に突っ込むと血栓もでき、動脈硬化するし、暴れるとがん細胞になります。

なので、いかにしてコイツを増やさないようにするかが大切なのです。

ではどうやって活性酸素を減らすのか?

となると気になるのは「みのさん、じゃあ実際にどうやって活性酸素を減らしていくんですか?」ということだと思います。

ですが、これを書くにはまた別途記事が必要です。(笑)

書いてもいいのですが、文字数1万8,000字の記事は読みたくないと思うので(それは最早電子書籍では?笑)、活性酸素の減らし方についてはまた次の次に書きます!

(こうやって自分の首を締めることになる…笑)

 

先にヒントを出しておきます。

それは「抗酸化酵素」

では、意欲的な方は更新までに抗酸化酵素について調べてみてくださいね!

また、そのうち活性酸素がLDL-Cを攻撃した際に、体内でどのような反応が起こるのかを発展内容で追記したいと思います。

前回の記事で「詳しく知りたい方はこちら」を楽しめた方は十分に満足できる内容です。

期待していてください。

ちなみに予習にはこれがオススメ。めっちゃ参考になります!


まとめ

コレステロールは摂っても問題なし!

悪いのは全て、活性酸素!!

PS.サウス・ダコタ大学の最新の研究

先日最新の研究結果が発表されました。

米国サウス・ダコタ大学は

血中のω-3系脂肪酸レベルは、コレステロール値よりも死亡リスクの正確な予測手段になりえるかもしれない。ω-3系脂肪酸レベルの高い人は、低い人に比べて全死因における死亡リスクが約33%低くなることが示された。

というレポートを発表しました。

詳しくはこちらのリンクを参考にしていただきたいですが、結構大規模な研究です。

1948年に開始された「フラミンガム心臓研究」の被験者達の子孫2,500人を対象として7年間も追いかけたものです。

その結果、ω-3系脂肪酸濃度が高いほど以下の発症リスクが低かったということです。

  • 心血管疾患
  • 虚血性心疾患
  • 脳卒中

ということから、心疾患を予防するのであれば、コレステロール値を気にするよりもオメガ3の摂取量に注意を払ったほうが有意義だということがわかります。

オメガ3についてはこちらで学んでください。

【完全解説】筋トレをしていなくても摂取したいフィッシュオイルのすすめ

今回の記事は参考になりましたか?次はどの記事を読めばいいか、下の地図をタップして確認しよう!

みの

>>次のページは

頭痛歴15年の私が教える、筋トレ時に頭痛が起きたときの対処法

「え?これ無料の範疇超えてません?」と言われた
モテるための筋トレスクールに体験入学しませんか?

教科書より重いものを持ったことがない筋トレ初心者でも、1.5年で女性に「カラダカッコいい!」と言われ、自分ひとりで筋トレを継続する知識習慣が身につくオンラインスクールへ14日間無料でご招待します。

  • 有料級トータル7時間のセミナー映像
  • 15分の筋トレ電話コンサル
  • 自分専用ページの会員サイト

を含む18個の無料プレゼントをあなたも今スグ手に入れよう!

この記事を書いている人 - WRITER -
日本で唯一「モテるためのボディメイク」を教えているモテボディの専門家。マッチョになるためではなく、女性にモテるための身体づくり情報をお届けしています。 筋トレは手段です。モテるために使い倒してやりましょう。
詳しいプロフィールはこちら

◆回答率100%!本気の筋トレ相談実施中!!◆

この下のフォームから質問・感想をいただければ個別に記事として100%回答します!
早速下から質問を送ってみよう!

この記事へのコメントはここから送ってください!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© モテボディメイクアカデミー , 2018 All Rights Reserved.