2017/10/23

【初心者必見】筋トレが続かないたった1つの理由

 
mind1

この記事を書いている人 - WRITER -

日本で唯一「モテるためのボディメイク」を教えているモテボディの専門家。マッチョになるためではなく、女性にモテるための身体づくり情報をお届けしています。

筋トレは手段です。モテるために使い倒してやりましょう。

詳しいプロフィールはこちら

「よっしゃー、やったるで~!!俺もマッチョになるんだー!
そしてビーチでギャルをナンパするんだ!!」

と、意気込むあなたも。

「筋トレをすると仕事ができるようになると…。よし、やるか!」

と、決意したあなたも。

残念ながら筋トレは続きません。
ビジネス書や週刊誌を見れば一目瞭然のように、昨今は空前の筋トレブーム。
新橋を歩くサラリーマン100人に声をかければ
(ナンパ師に依頼して調査してもらいましょう。)
ほぼ100%の確率で

 

「(何がかは知らんが)筋トレするとよい!」

 

という答えが返ってくるでしょう。

そしてちょっと意識高めのサラリーマンは、

実際に筋トレしてみると思います。

 

結果どうなるか。

 

100人試したうち、1年後も同等の強度、
もしくはそれ以上で続けられる人は1人もいないのではないでしょうか。

 

では、どうすればいいのか?

どうすれば筋トレを継続できるのか?

今日はそんな話をしたいと思います。

 

筋トレが続く人、続かない人、その差は?

一方、僕は12年間筋トレが続いています。
なぜ、99人は挫折するのか。
かたや継続できる人がいるのか。
その差は簡単です。
それは、1日のなかに筋トレする時間が予め組み込まれているからです。

 

 

わかりますか?

 

 

今の24時間を書き出してみましょう。

普通に会社に勤めていて、暇な時間がある人はいるでしょうか。
空白時間が60分も90分もある人です。
おそらくいないですよね。

 

つまり、既にやるべきことが多すぎるんです。
ただでさえパンパンの24時間に、さらに筋トレを入れる。
それは無理ですよ。

 

じゃあ俺は、

 

「今まで2時間かけていたことを1時間でやって、余った時間で筋トレする。」
じゃあなんで今までそうしなかったんですか?
遊んでいたんですか?
そうではないですよね?
今までも必死だったんです。
それを半分に圧縮するのは無理なんです。

 

仮に圧縮できたとしたら?

 

まあ、強靭的な精神の持ち主で予定を半分に圧縮し、

筋トレの時間を捻出したとしましょう。
現状かなり無理していますよね?
それ、1年間続きますか??
僕は絶対無理です。断言できます。

 

 

仮に超人的な精神の持ち主で、1年続いたとしましょう。
おめでとうございます!!
さあ、あなたは晴れて筋トレ界に足を踏み入れました!
筋トレにハマると回数、強度を上げたくなります。
さらに回数、増やせますか?

 

 

 

そうなんですよ。

今の生活を続けながら筋トレを始めるのは、極めて困難なんです。

 

 

では、どうするのか。

どうすれば続くのか。
それは…

 

「やらなくてもいいことを、やめること」

 

です。
60分なり、90分分の無駄な時間を削りましょう。
圧縮ではなく、削減です。
部屋の片付けと同じですよね。

 

順番は整理⇒整頓です。
整理の意味は、「捨てる」。
整頓の意味は、「綺麗に並べる」。
汚いまま整頓だけしても、モノが多い家で豊かではないですね。

まずは捨てること。

そう、まずは捨てることです。

そこから始めましょう。

 

余計な時間を削減して、筋トレにあてる。
SNSをやめる。無駄な飲み会をやめる。ナンパを1回やめる。
人それぞれやり方はあります。
僕はそれが通勤時間でした。
筋トレのために片道1.5時間だった通勤を、引っ越して片道5分にしました。
何事も、決断です。

 

両手が塞がっていては、新たにチャンスをつかむことはできません。
さて、理想のボディのために、あなたは何をやめますか?

 

今回は、ここまで。

 

みの

 

あわせて読みたい

 

この記事を書いている人 - WRITER -

日本で唯一「モテるためのボディメイク」を教えているモテボディの専門家。マッチョになるためではなく、女性にモテるための身体づくり情報をお届けしています。

筋トレは手段です。モテるために使い倒してやりましょう。

詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© モテボディメイクアカデミー , 2016 All Rights Reserved.